アジア文学紀行

あまりなじみ無いアジア文学を紹介します。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

孤独な愛の風景―1950年代のインドネシア文学から (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
独立を果たした希望の1950年代は、また同時に変わらぬ貧困と政治的対立への悲嘆の時代でもあった。この時代を生きた若者たちの愛と夢と孤独を描く。

中編小説 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
隣国の人々の日常が「既視感」のパノラマとなって明滅する、珠玉の作品群。

サルマン・ルシュディの文学―「複合自我」表象をめぐって (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
1989年2月14日ヴァレンタイン・デー、世界を駆け巡ったホメイニによる「ファトワ」が、この作家への興味を掻きたてた事実は否めないが、事件が作家の周辺的出来事に後退しつつある今、ようやく彼を、作家として評価し研究する気運が盛りあがりつつある。本書は、ひとつひとつの作品の分析からルシュディの「複合自我」へのこだわりを読みとり、多元主義的セキュラリズムという彼の立場を明らかにするとともに、「危険な冒涜者」ルシュディに冠せられた数々の誤解を解く、本邦初の本格的研究の集大成である。

内容(「MARC」データベースより)
あの「悪魔の詩」の作家、サルマン・ルシュディ(ラシュディ)のほぼ全作品を批評、分析し、その思想的テーマを導き出した本邦初の本格的研究書。処刑宣告から15年、今なお潜伏を続ける作家・ルシュディの真の価値とは?

『アリランの歌』覚書―キム・サンとニム・ウェールズ (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
朝鮮人革命家キム・サンの波瀾に満ちた半生を語る『アリランの歌』成立の真相と著者二人の実像に迫るドキュメント・評論を集成.ニム・ウェールズと李恢成の対談をはじめ『アリランの歌』補遺ノート等を収めた.

内容(「BOOK」データベースより)
朝鮮人革命家キム・サンの波瀾に満ちた半生を語る『アリランの歌』成立の真相と作者の実像に迫るドキュメント・評論を集成。渾身のニム・ウェールズ論(李恢成)をはじめ、ニム・ウェールズと李恢成の対談、『アリランの歌』補遺ノート、キム・サンの評伝等を収録。

モンゴル文学への誘い (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
日本モンゴル文学会のメンバーを中心に、一般の読者に広くモンゴル文学を紹介し、日本におけるモンゴル近現代文学研究の到達点を示そうと編まれた本。モンゴル現代詩、児童文学、笑いの文学、小説の翻訳や研究論文を収める。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
芝山 豊
清泉女学院大学人間学部(教授)

岡田 和行
東京外国語大学外国語学部(助教授)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「喜び組」に捧げた私の青春―北朝鮮少女日記 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
元「喜び組」候補生が、自らの肉体で経験した「北朝鮮」!!思春期の悩み、男女交際、イジメ、生活用品…19年間、少女が見てきたものとは。

内容(「MARC」データベースより)
「喜び組」候補生として青春を送った少女が、自らの肉体と感性で綴った「北朝鮮」。少女は何を見、何を経験したのか…。北朝鮮風俗通の学者・宮塚利雄による「解説・北朝鮮の女事情」も掲載する。

詩 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
仏教の象徴美学、道教とシャーマニズム。伝統とモダニティーの追求は、韓国に新しい様態の詩を豊かに結実させた。

四人の托鉢僧(ダルヴェーシュ)の物語 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
19世紀初頭、デリーの学者ミール・アンマンがペルシア語から翻訳したウルドゥー文学の白眉。1947年刊の蒲生礼一氏の流麗な訳に、現代までの研究の進展をふまえた解説を付す。四人の托鉢僧と一人の王が語る恋と冒険と大旅行を含む波瀾に満たち伝奇小説。

朝鮮幻想小説傑作集 (新書)

出版社/著者からの内容紹介
 母の死、デモ、狂った兄、兄弟の間に蠢く得体の知れない白痴と餓鬼――「幻想」の形をかりて現実への反抗をアレゴリカルに行う「沈黙の眼」をはじめ、朝鮮独自のスタイルをもつ近・現代の小説を集めた初の選集。「禽獣会議録」「飢餓と殺戮」「つばさ」「狂った鳥」「夢路と言葉路」他10篇収録。

赤いコーリャン (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
’60年代、文化大革命の嵐は中国東北地方にも吹き荒れた。少年の父も革命の犠牲に…。村を追われ、新たな土地を求めてさまよう一家。在仏中国人作家が描いた動乱の中国。仏カーズ賞受賞作。


内容(「BOOK」データベースより)
〈政治のために〉傷つくのは、いつも、ぼくたちだった。1988年、フランスでカーズ賞とアジア賞を受賞。

/ アキバ中毒のページ/ 美容外科/ ハロー!江東区!/ GOGO!江戸川区!/ 台東クラブ/ 日暮里 鶯谷 上野 ニュース/ 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」/ 墨田区紀行/ 東京ぶらぶら/ 千葉の印刷なら千代田印刷/ 電子たばこ/ 高収入バイト情報/ 台東紀行/ 横浜関内リラクゼーションサロンDIO/ 幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク/ 鶯谷・うぐいすだに/
/

ooo上野情報.comooo 巣鴨で散策!ooo 初心者ゴルファーのゴルフするなら千葉ooo 千葉県の施設ooo 使えるフリーメール比較ooo 千葉の梨園・梨狩り万歳ooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 千葉の道の駅ooo 電子たばこooo 千葉花火大会情報。千葉はナビ!ooo 荒川区の情報を調べる会ooo Fight!格闘技オタク!ooo 伊豆諸島を巡ってみよう!江戸川区!ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo パソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo 新聞を読もう!ooo ネット証券比較っすooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo ファッション.コレクションooo